2020年01月

宝島社面広告
1月7日朝日朝刊2面広告 宝島社
「ハンマーを持て、バカがまた壁をつくっている」
今度の壁は、見えない壁だ
あれから30年、ベルリンで壁を壊した人類は、
なんのことはない。せっせと壁を作っている。
貧富の壁、性差の壁、世代の壁
見えない分だけ、やっかいな壁たち。
そろそろもう一度、ハンマーを手にする時ではないか。
私たちはまた、時代に試されている。


地下鉄銀座線新渋谷駅ホーム
明治神宮へ向かう京王線の中で新宿経由のつもりが明大前に近づいたとき朝見たニュース映像を思い出した。地下鉄銀座線渋谷駅が移転リニューアルしたことを思い出し急きょ明大前で乗り換え、渋谷に向かった。井の頭線改札から少し遠くなったがホームは広がり口開けの地下鉄銀座線渋谷駅は気持ちよかった。機転が利いたか!
表参道を下車、明治神宮まで久々のブランドショップの並ぶ表参道をゆっくり歩いた。現役の時の得意先美容室「MORIO」が現存していてちょっと嬉しかった。
明治神宮は長女が結婚した神社で、以前は初詣人数日本一を誇っていたが、今やそんなニュースは報道されない。人々の関心が薄らいで、正月初詣の意識も変化したのだろう。楽々で参詣できた。
参宮橋方面への西門から出て新宿西口に向かった。都庁の展望台に寄ろうとしたがお休みで4日からの案内、高層ビルディングのレストラン街は皆正月休業なので小田急デパートのレストラン街に行ったがどこも行列ができていて、12階にあるレストラン「マキャベリ」「MACHIAVELLI」に行った。ちょっと高いがランチセット3200円と3550円と生ビール。その店、人手不足なのか出るのが遅かったが料理は満足、その後、そこでカミサンと別れ私は帰宅した。歩いた歩数14000歩!



普段は見ない紅白を2018年は最後にサザンが出て大盛り上がりしたので、今年も最後に松谷由美の「ノーサイド」を聞きたかったが眠くなり録画して寝てしまった。
今日元旦、恒例なので四谷橋からの初日の出を見に行ったがあいにく東の空に雲がたなびき雲間にお日様は少し眉をひそめた感じかな・・・。
高幡不動まで多摩川、程久保川沿いを歩き初詣。大枚100円の賽銭で家族、友人、世界の子供たちの安寧を願った。
今年の基本方針は「忖度」に決めた。
忖度とは他人の気持ちを推察することだが、昨今、官僚が時の権力者に忖度して不正事件の証拠データを隠したり削除したりする行為をさす意味になっている。
私の「忖度」の対象人物は奥方である。この方絶対に自分の非を認めないし、反省の色もあまり表さない。これは周囲を治める権力者には必要な資質である。今まで私の忖度度が足りなくてちょっとした波乱が起こったりした。今年からはもっと忖度度を上げることによって治安をよくしなければならない。
これからの世の中、時の権力を横目に見ながらブツブツ口の中でいいながら暮らすしかないのだ・・・。

↑このページのトップヘ