今朝の天声人語でエリツイン時代のプーチンについて書いてあった。以下に記する。
<側近まで汚職捜査の手が及んだ政権末期、国営テレビが突如、検事総長の醜聞を報じた。二人の女性とベッドを共にする男性の映像を当人は全否定。しかし「映像は本物だ」という連邦保安局長官の一言で検事総長は失脚し、捜査は不発に終わる。4か月後エリツイン氏はこの長官を首相に指名した。無名だったプーチン氏その人だ・・・>
最初はプーチンの野郎、やっぱり悪い奴だ!と思ったが、よーく読むと悪い検事総長を摘発したのがプーチンだった。
毎朝、先に朝刊を読むカミサンに「今朝の天使人語読んだ?プーチンについて書いてあるが・・・」、カミサン「二人の女性とベッドシーンを写真に撮られたんだってね・・・」
我々みたいなウッカリ夫婦だけかな、こんな誤読をするのは・・・最近の天声人語は左右に広告を入れて字数を少なくしているが・・・。先行きのない新聞、これじゃますます生き残れないね!



ダイチャリとはどこでも気軽に使えるレンタサイクルで府中市のいたるところにある。一度使いたいと思っていた。
本日、府中美術館に新聞販売店からもらった入場券があるので行くことにした。府中駅からバスに乗らないといけないのでこのダイチャリを体験することにした。
まずアプリをダウンロード、アプリ名は「HELLO CYCLING」、
そして自分のいる近くのステーション(自転車のあるところ)を検索、その場所を押しそこに行く。使える自転車の番号を確認して、その自転車のカギを解錠しようとして詰まった。鍵が開かない!やっと調べて暗証番号を入力しなければならないことが分かった。暗証番号4桁が小さくて見えなかった。やっと解錠できた。美術館と中央図書館にも寄り1時間半ぐらい経過して返却した。返却の方法はカギをかけハンドルの上にあるパネルの電源を入れ、返却をタッチする。自分のスマフォの登録したメールアドレスに返却完了のメールを受信。
利用時間:1時間39分
利用料金:630円
ちと高いと思って調べたら東京の場合
30分までの初乗り130円、その後15分100円、
今回の料金は最初の30分130円とその後の1時間1分で500円、トータル630円
登録したクレジットカードから落ちる。
※この自転車で徘徊するのはコストがかかる!30分以内での利用がいいかな!ダイチャリ
ダイチャリ


この2,3日雨続きで、やっと晴れの予報で府中の桜名所を徘徊するため自転車で10時半ごろ家を出た。なかなか晴れ間は出なかったが2時間ぐらいの自転車徘徊をしてきた。

西府、花の公園西府の花の公園、既に葉桜になってしまった。
府中の森公園桜A府中の森公園、府中で一番の桜の名所!だと思う。
府中の森公園桜B府中の森公園の噴水と桜
大國魂神社のしだれ桜大國魂神社の枝垂れ桜、花嫁と花婿が写真を撮っていた。




↑このページのトップヘ